読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私たちって幸せだよね。

8月8日月曜日

私たちが幸せボケしていられるわけを思い知らされた日

ちょっと涙腺が緩みまくっておりました。

 

www.nikkei.com

 

日本国内はもちろん

海外メディアでも多数取り上げられたようですが

某国

「He wants to enjoy his twilight time.」

要するに

「年取ったから余生を楽しみたいと言うことです」

と報道したらしい。

違うでしょ!!!(`Д´)

そういうニュアンスの全く感じられない

素晴らしいお言葉全文を

再度読み返して

また泣きそうになってしまいました。

 

私たち

いい象徴の元で生きてきたんですね。

 

今現在

平和で幸せな生活に

気づかないほどの幸せに浸ることが出来るのも

天皇陛下と皇后様が

全身全霊をもって象徴の務めを果たして」くれたからこそ。

相手と同じ視線になり

相手と同じようにうなずく。

それもひとえに

陛下の「国民を思い、国民のために祈るという務め」から

自然に出た振る舞いなのだと

今更ながら思い知らされました。

 

皇室制度については

専門家の仕事ですのでここでは触れずに…。

 

願わくば

次世代がまた

「いい象徴の元で生きてきた」

と思えるように

いい方向に進んで欲しいものです。

 

あと、これを機に

「自分たちがいかに幸せなのか」

を考えてみてもいいと思うよ。

その影に

「まず国民ありき」で生きてきてくれた人がいるのだから…。