読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働かない時代④

ひとり連想ゲームみたいになってます(笑)。

 

「仕事を楽しむ」

「就業時間を楽しく過ごす」
は違う

 

ここ間違えてる人多いですね。

後者の時間があるから職場にいることが出来る

そういう人も結構いるような気がします。

就業時間中に

スタッフの誕生日だからとサプライズ????

あり得ませんよ。

とはいえ、そういう会社も多いようなので、

そこ突っ込むと日本中で働いてる全労働者の6割は確実に敵に回しそうですねww

私から見たら

そういうことは昼休みとか終業のチャイム鳴ってからにするべきで

その時間帯であれば

率先して楽しめるように頑張りますよ。

しかし

そのための買い物に行くのも就業時間中って

どーゆーことですか。

会社に遊びに来てるんですか。

そういう時間がないとやってられないのかもしれないけど

あんたら

仕事の合間の息抜きなんかじゃない

遊びの合間に仕事しよんやないかい

とどやしたくなること屡々。

そういう話を聞いて

「ありえね~!!!!!!」

と叫んだことが何度あったことか。

確かにね

労働関係の法律の条文に

「労働者の福祉」という言葉出てきますけど

その福祉を受ける権利ってね

『対価を支払うに値する労働力を提供することによって得られる権利』

であることを間違えちゃいけない。

使用者とか事業主って言われる人たちは

労働者のために動きます。

じゃあ労働者は????

楽して金儲けなんて考えるから自分のことしか考えられなくなる。

お客様のため

と言える人はまだ救いがあります。

そういう人はお客様が見えているから。

仕事を楽しむことができるから。

 

「仕事」を楽しんでいこう

 

そう思ってたらいつしか

仕事をしていない私は私ではない

そんな人になってしまっておりますが(^^;

とりあえず

好き勝手に振る舞ってるのに給料もらえる

そんな人はちょいと

虎の穴でも作って鍛えてみたいもんだ。

 

 

多すぎて無理か?ww