読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理解は相互にあるべきものだと思っていた。

最近

説明するのが本当にめんどくさくなってきて…。

どうしてここまで言わないと分からないのか

そういう人種なんだろうけど

どうして相手には求めるのに自分からは動こうとしないのか

本当に不思議です。

それでも

手取り足取り1から100まで説明して

それでも分からないと言われ

じゃあどこまで言えばええのん!(`Д´)

とどやすことも出来ず

ストレスMAXな毎日を送っております。

 

そういえば以前

ゆとり世代に対応する的なセミナー」

タイトルは忘れましたが内容的には間違っておりません

とにかくそういうセミナーに参加したことがあるのですが

覚えているのはただ

「ご理解いただいて」

という言葉。

えーとー

こっちは理解しなきゃいけないのに

向こうは理解する努力はしないんですね?

「そういう世代だと言うことをまずご理解ください」

そう言い切ったセミナー講師

 

www.kouenirai.com

 

この人です。

ここの紹介スゴイですね。

 

ベテラン・コンサルタントではできない手法で、今後、社会に出てくる「ゆとり教育世代」に対する企業のマネジメントにいち早く警鐘を鳴らしており

 

そりゃそうでしょ

本人がゆとり世代なんだから

「ご理解いただかないと僕たちは生きられない」

と認識した世代ですね。

 

定着・戦力化の指導法を提言する「教育のニューリーダー」として注目されている

 

だから

自分がゆとり世代だから分かるんだよね

それをうまく利用してるだけでしょ

「ご理解いただいて」

の一言で。

自分たちは理解しません

社会が理解してください

会社がそれを理解しないと

 

僕たちは分からないんだから

 

と豪語しているだけなんです、この人。

講演テーマの

 

「新人・若手社員 そろそろ本気になろうじゃないか」

 

ってのは

 

本気でダラダラ

本気で会社に頼って

本気で社会に甘えて生きていこう

 

って内容なんですかね

一度聞いてみたいものです。

 

この人の内定辞退防止のノウハウの一つに

「内定を出したら会社が菓子折持って家に挨拶に行く」

というのがありますけど

新卒世代の親ってやっぱりそれが当たり前だと思ってるんですよ。

子どもを甘やかしすぎている。

次世代があまりにも甘やかされて育ちすぎている。

 

それでも褒めて褒めて褒めて褒めて育てて

影で悪口を言われてるのも知りながら耐えて

ちょっと怒鳴ったらパワハラだとどやされ

逆ハラに苛まれる

そんな世代は無視なんですか?

 

柘植さん

 

逆ハラの事例増えてますよ

「逆ハラ楽しい」そんなツイートが山ほど出てますよ

 

柘植さんのコンサルタント

追い詰められている「上司」がいないか

アフターフォロー願います。

あなたのセミナーを聞いて以来

心身共にボロボロになりつつも

自殺だけは絶対にしたくない

自殺したら負けだからと

そんな毎日を送っている中間管理職がいます。