読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働の現状・・・多分。

「あの人うっとうしいんよ!」

と私のいない間に言われてたらしいです。

人の口に戸は建てられませんからね

耳に入ってくるのも結構すぐです。

さてどうしようか。

 

労働者側がパワハラを主としたハラスメントを記録するために

会社にICやらなんやら持ち込んで録音したり録画したりするのは認められているのに

会社側がたとえそれが「防犯」であったとしても

その「防犯カメラ」に録画されたハラスメント現場が証拠として使えない。

むしろ会社の意図は「防犯」にあるのに、「監視」だと勝手に思い込んで

それをハラスメントとして訴える。

 

これが

法律の通り「労働者の福祉の向上」のために会社側が奮闘してきた結果です。

そこには「お互い様」の気持ちの欠片もない。

「自己の利益」のために動きたい労働者にいかに気持ちよく働いてもらうか

企業が尽力して働いてもらっても

ちょっとしたことで後足で砂かけて小便引っかけてグチャグチャにかきまわして

さらに唾吐いていくような態度をとって他の職場へと嬉しげに去って行く。

 

それが

 

今の労働の現状ですよ。

それでもいいの?